ボトックス治療始めます♪

9月よりcoconara巽クリニックでは

ボトックス治療を開始いたします!

 

ボトックス治療は痙縮(けいしゅく)という

手足のつっぱりの治療の1つです(‘v’*)

 

痙縮は脳卒中の後遺症でよくみられる運動機能障害のことで

・手指が握ったままになってしまい開こうとしても開きにくい

・肘が曲がった状態になる

・足先が脚の裏側のほうに曲がってしまう

といった症状がみられ、その状態が長く続くと筋肉が固まってしまって

関節の運動が制限され、日常生活に支障をきたしてしまいます

 

痙縮のみられる筋肉にボトックス注射をおこなうことで

・手足の筋肉がやわらかくなり、動かしやすくなることで日常生活動作が行いやすくなる

・手足のつっぱりによる痛みがやわらぐ

・関節が固まって動きにくくなったり、変形するのを防ぐことができる

などといった効果が期待できます♪

 

脳卒中後の後遺症として現れた手足のつっぱりにお悩みのかた

ぜひcoconara巽クリニック(電話番号:06-6753-2211)にご相談下さい♪

お電話お待ちしております☆

 

次へ

前へ

access
アクセス

〒544-0025
大阪市生野区巽南3丁目4番25号
TEL:06-6753-2333
地下鉄千日前線南巽駅3番出口下車 徒歩5分

お問い合わせ
お問い合わせ

介護のこと、なんでもご相談ください。

『最近、足腰が弱くなってきたなぁ』『出掛ける機会が減ってきた』『両親の介護、どうしていけば…』

ご家族の介護やお世話がわからない時、介護保険制度や医療保険制度がわからない時、役所などへの手続きで迷われた時はどうぞお気軽にお近くの夢の箱へ是非お問い合わせください。

ご自身の健康に対する不安・介護に関する不安や疑問、なんでもお気軽にご相談ください。あなたの不安を解決する糸口がきっと見つかります。

来所相談可

電話相談可

介護のどんなことでも相談OK

PAGE TOP